人気ブログランキング |

2019年 01月 29日 ( 1 )

結婚する前に、2人の男の人とやり取りをしていました。
1人は旦那です。もう1人はSさんといいました。
結婚前に、ちょうど同じタイミングで、結婚の話が出たのです。
旦那とは何年も前に1度別れていました。
その頃の私はバイトで生活を繋ぐ実家生活で、
色々な意味で行き詰まっていました。
Sさんは私のことを愛してくれました。
夢を教えてくれて私を連れていってくれるといいました。
私は恐れました。
その夢が私をどこへ連れていくのか怖かったです。
その先きちんとした暮らしができるのか、恐れました。
家の迷信もあり、巳年生まれのSさんと結ばれることは
無理だとはじめから恐れを為しました。
相手の気持ちより、自分のことを優先したのです。
私は旦那を選びました。
友達には猛反対されました。
1度別れた原因はまた同じことでつまづくと言いました。
それは今思えば、つまづいた原因が、気持ちのことだからでした。
だけど私は旦那を選びました。
旦那は収入が安定していて貯金もありました。
私は安定を将来に求めました。
自分が怖い運命に流される危険を避けるために、
結婚する条件を選びました。
人の気持ちではなく、気持ちは二の次にして、
恐れのない場所へ逃げました。
そしてSさんは去りました。

人の気持ちを大切にする生き方を選ぶことを辞めていたように
思います。今までもこれからもです。それは何故かというと、
私は恋愛は落とすまでが楽しいと思う人間になっていたからです。
それは何故そうなったのかというと、言い訳かもしれないけれど、
父親に裏切られ続けていたからです。
期待しても期待しても、父からは帰ってきませんでした。
期待は裏切られ裏切られ失望し諦めて泣いて怒って、
そのうちに、私の中で、
人は傷つけても構わないものになっていきました。
人の気持ちを説かれてきた中である程度改善はしましたが、
私の基本は、人に私の部分を見せずに、利用できる過去の話は
利用し、人を引き込み、必要なものだけ貰い、相手にはそれを
許さない生き方だと思います。
ある人にはおぞましいと言われました。
ある人には死んだ方がいいと言われました。
人の気持ちを傷つけることが普通のことだったので、
私も傷つけられてきたのに、気持ちを奪う側に回ろうと
してきて、実際にそうしてきたのです。

これからも一途に生きることは私は無理でしょう。
人の気持ちを踏みにじる生き方、そして、奪う側にしか
まわれないのでしょう。私はここに書き記したのは、私に
嫌悪を抱く人が私に不注意で近づくことを避けるためです。
あらかじめこんな人間だと知っていれば、傷はつかないことと
思います。私は搾取することは好きだけど自分が騙される側や
搾取される側にまわることはいやです。そうされていると
感じた時点でその人を避けます。わがままだと言われようが
騙されることを良しとした付き合いは要らないからです。
私に騙されてもいい人が私に近づいたらいいのだと思います。
あらかじめこう書いておくことが私からの誠実な気持ちのつもり
です。
結婚ですら、気持ちを重視して選べませんでした。
1番の被害者は家族だと思っています。
そこへ対しての贖罪はこれから考えて生きていくこととして、
少なくとも、愛に生きる、愛のために動けて、
愛の気持ちから結婚を選んだ人々を傷つけることを
避けたいと思っています。
Sさん許してください。あなたの幸せを祈っています。
祈るまでもなく幸せになって下さっていることと思っています。
私はあの時愛していました。
私の理由から選べなくて、
勇気がなくて、ごめんなさい。


by otyou0710 | 2019-01-29 12:09 | 雑記

 icon作成/岡中様☆


by otyou0710