CD

BGM
長淵剛-RUN

長渕の尖ったハイエナみたいな声がすき。
私の親父さんがどんな曲でもステレオをがんがん言わせて聞く人だったんで、
小さい頃から実にいろんな曲を聞かせていただきながら育ちました。長渕も矢沢も
ホルストもちあきなおみもドヴォルザークも、一緒くたに私のライフミュージック。
ここらへんをBLOGで使っていこうかなと思っております。でたらめに外国を羨み
渇望し、取り入れて満たされていた熱の時代、昭和よ。汚いのも凄いのも一杯だ。
なんかそこがすきだった。昭和回顧会長、おちょうでございます。

 CDといえば。
うちの父親はCDを取り扱うのがとても丁寧でした。
まるでガラスでも手に取るようにそっととり、入れ物も寝かさず、聞くときには
テーブルに少し開いて立てて置いていました。そうしてソファに座ってじっと耳を
傾けたり、ダンスミュージックなら踊ったり。CDは直置きするとしかられたものです。
ああいう父親の姿を見てて、CDは高価なものだ、大事に扱わなきゃならないって
気持ちが育ったように思う。
 相変わらず私は整頓ができずに、ごっちゃごちゃにCDを置くのだけど、
父親のCDラックは綺麗に片付いるし、だから同じCDといえども違うもののような
気がします。同じCDラックにもう聞かなくなった弟のユーロビートのアルバムが
置いてあったりするのもちょっと面白いです。
そんな話。
 

 落書きなどを取りまとめたデザインノートと題したノートが、13冊目になりました。
うちはこれからもずっとスクラップしていこーと思います。もうちょっと信じてあげるんだ。 
[PR]
by otyou0710 | 2006-04-30 16:53 | 雑記

 icon作成/岡中様☆


by otyou0710