もんじゅもやばい

夢の高速増殖炉「もんじゅ」が福島第一原発よりヤバい状態になりそうで責任者が
自殺してたんだけど知ってた?
http://2r.ldblog.jp/archives/4367597.html

高速増殖原型炉もんじゅ
炉内中継装置のこれまでの状況及び今後の進め方
独立行政法人日本原子力研究開発機構 敦賀本部
(pdfです)
http://www.jaea.go.jp/04/turuga/jturuga/press/posirase/1101/o110118-2.pdf

MSNニュース
高速増殖炉「もんじゅ」課長が自殺 トラブル復旧を担当、今月中旬から不明
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110222/crm11022211260009-n1.htm

独立行政法人
日本原子力研究開発機構 敦賀支部
http://www.jaea.go.jp/04/turuga/index.html





世の中福島原子力の話とかでもちきりですし、私も毎日ニュースから目が離せない状況ですが
もんじゅはもんじゅでやばい状態なんだと初めて知りました。

 日本って本当に危ない状態の中で、最先端技術だとかいって、いろんな電子機器を
使ったりしてたんだなあと思います。考えたら確かにそうですよね、十年ほど前にはネットは
23時以降じゃないと使い放題になったりしてなかったのに、あれよあれよというまにADSLだ、
光だとなっていきました。動画を見るなんて重たくて無理だったのに、最近では画質まで
こだわれるようなことになったりして。PC2台以上、車一人に1台が普通になったりしてた。

 電気量販店ではずうっと眩しいくらいに電気がついてて、体験コーナーとかもあったり、
公園のトイレでもどこでも、電気のつかない場所なんて「ありえない」「想像もしない」状態だった。
少し世界に目を向けたら、夜に電気がつかない国なんてザラにあるのに。

 当たり前として受け取ることが、当たり前のように受け取っていたことが、おかしいことなんだと、
普通ではないんだと、恵まれててありがたいことなんだと、気づくべきだったのかなと思います。

 それなのに、「ネット回線おせー」とか「このPCボロすぎ」とか、「携帯古くなっちゃったー」
とかいって、文句言って、常に新しいものを使うことを自分のセンスやステータスみたくして、
気取っていたんだと思う。

 「もう十分」「もうたくさん」「もう間に合っている」という身の丈を知るべきなんだと
思いました。同時に感謝を。今の自分達があるのは、そういう危険の上なんだということと、
誰かの犠牲によって成り立っている世界なんだということを自覚して、必要以上に求めない
ことなのかなと、思います。

一度便利な世界になっちゃったらもう戻れない、というのは本当なのでしょうか?
原発がなければエネルギー不足に陥るというのは本当なのでしょうか?

 ちょっと不便だとしても、意識しなくちゃいけないのかもしれない。
危険の上に成り立っている日常を、見直さなければならないのかもしれない。

これ以上恐ろしい燃料を使ってまで得なければならない知識は多分ないし、
常に必要なものを選び取って、買って、生きていかなくちゃならないなと思います。
[PR]
by otyou0710 | 2011-03-26 13:27 | 雑記

 icon作成/岡中様☆


by otyou0710